BU-353(PL-2303 HXA/XA chip)のWindows8での動作について

以前紹介しましたが、Windows8ではPL-2303 HXA/XAチップのサポートがなくなりました。

しかし、Windows8発売前のリリースプレビューバージョンの段階ではBU-353は動作を確認しています。

v1.6.x以前のドライバーでは動作致しますので最新バージョンをアンインストールを行います。

尚、BU-353は途中でUSBにセットしないで下さい。

インストールが完了後、デバイスマネージャーにてドライバーを更新します。

以下の手順を参考にロールバックを行って下さい。
USGLOBALSATよりダウンロードして再インストールして下さい。
http://www.usglobalsat.com/downloads/pl2303hxa_windows_8_driver_installation.zip

BU-353Windows8ドライバーインストール
(PL2303HXAチップバージョン-2013年以前にご購入)
1.ドライバーダウンロードPL-2303hxa_win8_driver_installation.zip(USGLOBALSAT)

2.ダウンロードを行ったZIPファイルを解凍します。

PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1.5.0.exe ドライバーインストールプログラム
PL2303HXA Windows 8 Driver Installation.pdf ドライバーインストール方法PDF

3.既にドライバーがインストールされている場合はアンインストールを行って下さい。(Version1.7.0) コントロールパネル→プログラムの削除

4.アンインストールが完了後にダウンロードしたドライバーをインストールします。

5.v1.5.0のインストールが完了したらデバイスマネージャーを開きます。
ポート(COM&LPT)を開くとエラーコードが表示されたままのProlific USB-to-Serial Comm Port(COM4)があります。

6.右クリックでドライバーの更新を行います。

7.次にコンピューターを参照してドライバーをインストール(手動)に進みます。(Windowsの自動更新は行いません。)

8.コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択をします(L)をクリックして

9.互換性のあるハードウェアを表示(c)の一覧の中のProlific USB-to-Serial Comm Port Version 3.4.25.218(2011/10/7)を選択し次を選択し進みます。

10.ドライバーの更新(BackRoll)が始まり、ドライバーソフトウェアが正常に更新されました。 この画面でドライバーの更新は終了です。

11.デバイスマネージャ―上でも正常に稼働しているのが確認できます。

12.ドライバーの自動更新を行わない様にWindowsの設定を確認して下さい。

コントロールパネルホーム>システム>システムの詳細設定>ハードウェア>デバイスのインストール設定>自動的にダウンロードします を ●いいえ、を選択し変更の保存をしてください。

Windows Updateからのドライバーソフトウェアをインストールしない。
を選択して下さい。→変更の保存

以上で終了です。

GNSS/GPS
Navisys GR-701W(u-blox7 USB GPSレシーバー 1pps サポート)でNTPサーバーに挑戦. 中

Navisys GR-701Wは以前紹介した GR-701Uと同じUSBインターフェイスのGPSレシ …

GNSS/GPS
PL2303 Prolific USB Driverインストールできない(Windows)

記事の内容を最新に更新いたします。2020年1月 Windows8/10ではPL-2303 HX(A …

GNSS/GPS
PL-2303チップは何処? Navisys社GNSSレシーバ

NavisysのマルチGNSSレシーバは USBタイプ PS2タイプ Tタイプと3種類があります。 …