Raspi超小型サーバー SOHOスタート

社内電話とサーバーシステムを構築

article of raspi
NTTひかり電話+FreePBX+IPフォーン

ひかり電話は電話回線だけで契約できません。インターネット回線の契約が必要です。

インターネット回線+プロバイダー料金目安

インターネット回線 プロバイダー 初期工事

マンション 3,000円程度

1,000円程度

20,000円前後ひかり電話と合算

戸建タイプ 5,000円程度

1,000円程度

20,000円前後ひかり電話と合算

ひかり電話料金目安

ひかり電話プラン ひかり電話機器利用料 オプション

基本プラン550円

無線LANひかり電話ルーター330円

オプション無し

ひかり電話A1650円

無線LANひかり電話ルーター330円

ナンバーディスプレイ/複数チャンネル/追加番号 770円

  • 詳細はフレッツ光 ひかり電話をご参照下さい。https://flets.com/hikaridenwa/charge/
  •  IPフォン 

    スマホ1台で運用可能ですが、電池の事も考えると社内専用の機材を用意します。

    1. Case スマホ+AGEphoneアプリ 初期費用無料
    2. Case ヘッドセット+PC+AGEphoneアプ ヘッドセット5000円位
    3. Case IP電話 8000円程度 (GXP1625POE対応を使用しています。1万円程度)
     PBX 

    最小構成ではRaspiのPBXが無くても着発信が可能です。PBXの機能を利用するにはFreePBXをインストールしたRaspiを用意します。

    • ひかりルーター(GW)のみで運用可能 スマホ又はIP電話セットで5台まで
    • Raspberry Pi(3B+)FreePBX 多機能なPBXを利用可能 IVR 営業時間 内線転送 など
     FAX 

    FAX機能が付いたアナログ電話機でも可能です。プリンター、スキャナーの機能のある複合機を選択しました。 3万程度

    小規模社内ネットワーク例

    • HGW-LANポートより 1.Raspi-PBX 2.Raspi-Server 3.POE-ハブへ有線接続します。
    • HGWアナログポート2よりFAXへ接続
    • SIPフォーンはローカルネットワーク経由でRaspi-FreePBXへ接続します。
    • スマホはAGEフォンをインストールします。4-5台は直接HGWに内線登録可能です。システム例ではFreePBXに登録します。

    外出時

    • ホームゲートウェイのVPN設定を利用(VPNのIPアドレス通知設定を使用します。)
    • スマホのVPN登録を行う。
    • スマホからモバイルネットワーク経由でVPN接続 (データ通信が発生します。)
    • 外出先からVPN接続すると社内ローカルネットワークへ接続可能となります。
    • 外出先で社内電話の発着信が可能となります。
    • 外出先 ← 呼び出し 着信転送 → 内線 外出先でVPN接続のためローカルネットワーク内と同じ事ができます。