GR-901V ZED-F9P搭載マルチバンドGNSSレシーバーUSB

  FAQ_INDEX
GR-901V本体

GR-901V u-blox ZED-F9Pを搭載した2周波受信アンテナ一体型USBレシーバーです。

GPS GR-901U本体は116㎜直径 高さ24.6㎜  V用の台座が70㎜×33㎜ 底部マグネット付き 

1.5mのUSBケーブルが出ていますのでPCやRaspiなどセットしてすぐに使用できます。

RTK用のオレンジLEDが点灯すれば内蔵RTKエンジンを使用してFIXを確認できます。

UART1とUART2

ZED-F9P搭載のGR-901UはUART1とUART2があります。UABへはUART1が接続されていますので UART2のシリアル入出力はどうなっているのかと 本体を分解してみました。

本体を分解

台座は4本のビス 本体は6本のビスで止められています。

GR-901U 基板裏面 2本追加接続後

6ピンコネクタとシールド線でUSBケーブルと接続されています。

デフォルトではコネクタの左から4本が接続されております。

黒GND 赤5VDC 緑TXDUSB+ 白RXDUSB-の配線です。

右2本が空いていましたので、1㎜ピッチコネクタ線をばらして 2本を接続してみます。上の画像は2本追加した後です。

左から5本目TX-serial 6本目がRX-serialです。

TXで UART2の出力を確認

追加したTXをProlificチップ搭載シリアルーUSB変換ボードに接続します。これでUART2を別のポートに出力できます。

まず、u-centerで通常の接続をしCFGを設定します。UART2は in outともRTCM3となっています。 これをUBX-NMEA-RTCM3へ変更します。また Rateは115200に落とします。

UART2の設定
UART1がUSBシリアルデバイス COM10  UART2がProlific USB to Serial COM11
UART2出力を別のビュワーで接続

GR-901のUART2は UBXの出力は対応しておりませんので、NMEA及びRTCM3のメッセージを設定すれば出力が確認できます。

UART2へ STRSVRでNtrip RTCM3を送信
USB(UART1)で接続 
Float中 u-center2で表示 (地図が無料で表示できて便利です。)

オンラインショップ 本体はこちらから GR-901V カスタマイズ版です。

Raspberry Pi3 GR901-USB-ttyACM0+ GR901UART2-TTLSerialUSB(Prolific)-ttyUSB0